header logo

U.C.T.corporation

株式会社U.C.T.corporation

増村匡人

カフェ・社会課題・教育
多角的に展開する事業の
スタートと未来


今回お話をお伺いしたのは、株式会社U.C.T.corporation代表取締役社長の増村匡人さん。

滋賀県のオシャレカフェ、おいしい紅茶が飲めるお店「SPOON」の創業者であり、「社会起業家」としての面を持つ方です。

前編では、起業に至るまでの経緯や、環境問題に関心を持つようになったきっかけ、今後のビジョンについてお届けします。


欲しかったのは先駆者特権。26歳でカフェをオープン。


26歳のとき、カフェ「SPOON」をスタートさせた増村さん。

高校時代から服や家具に興味があり、自分で家具をつくり、インテリアコンテストに出品したことも。

学生時代から抱いていたのは、家具や食器を購入できるコンセプトカフェをつくりたいとの思い。


就職先は、家具屋か銀行で悩みました。

銀行なら、お金の知識が得られるかなと。

とある人から「求めている情報を全部カバーしようと思ったら、不動産屋がいい」と教えてもらい、新卒で不動産屋に入りました。





そして、入社から1年半後に退社。

起業当時の滋賀県には、まだ「カフェ文化」自体が、ほとんどない時代。

だからこそ「最初にカフェをつくったら勝ち」だと思ったそう。


欲しかったのは、先駆者特権。

例えば「日本で一番高い山は?」と質問されたら、多くの人が答えられるでしょう。

でも「二番目は?」と言われたらどうでしょうか。おそらく山梨県の人は「北岳」だと答えられる。

ただ、富士山と比べると北岳の知名度は低いです。

同じように、「滋賀県でカフェといえばSPOON」だと言われるために、1年1店舗、10年で10店舗を目指して走り続けてきました。





現在、増村さんが代表を務める「株式会社U.C.T.corporation」(以下、U.C.T)は、ムレスナティーの販売代理店です。

ムレスナティーと契約したのは、「SPOON守山店」を始めた頃。


僕は、紅茶オタクです。

これまで「おいしい紅茶が飲める店に行こう」と言われても、あまり期待していませんでした。

でも、ムレスナティーのお店は、気持ちに応えてくれるお店が多かった。

野洲店の頃は、ポットでのティーサービスをしていました。

守山店の頃から、全員、好きなだけ紅茶を飲んでもらえるようにと、紅茶の飲み放題サービスを始めています。





U.C.T設立は、SPOON開店から8年目頃。

ムレスナティーの日本の総代理店「ムレスナジャパン」社長から「僕が輸入する。君は日本で拡げてくれないか」と言われたことで代理店契約。

スプーン紅茶事業部の誕生です。

ユニバーサルコンセプトティーコーポレーションの社名に込められているのは、どこでも当たり前に、おいしい紅茶が飲めること。

これは、会社のコンセプトでもあります。


SDGs発信拠点「Future lab」。社会起業家を目指すDNA。


増村さんには「SPOON」創業者というイメージに加え「SDGsの人」「社会起業家」の側面もあります。

SDGs発信拠点「Future lab」もそのひとつ。

環境問題について、考えるようになったのは子どもの頃の経験も大きいといいます。


増村家では、母親が熱心にボランティア活動に参加していました。

空き缶プルトップやベルマークの収集、廃油の回収、びわ湖のせっけん運動など。

近所の人も、家に廃油などを持ってきてくれていました。僕も土日はお手伝いしたり、活動に参加したり。

「みんなが平和に暮らせるように」「地球環境がよくあってほしい」という考え方が、DNAに組み込まれていると思います。





起業当時の「SPOON」のテーマは、カフェという名の情報発信基地。

環境、食育のイベント・共有を続けてきたこともあり、流れは必然といえます。


「Future lab」誕生のきっかけは、「SPOON」で開催していたSDGsのカードゲームです。

参加者の高校生が「自分たちは、一体何のために勉強しているのか。例えば、文系、理系、学部選びなどの選択が、社会とどのようにつながっているのかわからない」と話してくれました。

起業家、テックベンチャーの社長を呼んで、学生向けに発信してもらいたい。

その思いから、生まれたのが、「株式会社earthkiss」です。





教育の選択肢を拡げ、社会課題解決を目指す。


2022年に、46歳を迎える増村さん。自らを「現実主義者」と分析。

例えば、今から自分がテックベンチャーで起業することは、現実的ではないといいます。

不可能なことではないけれど、それならば若い子たちに託したい、と。

そんな増村さんに、5年後、目指すビジョンについてたずねてみました。


自分で過去を振り返ると「このとき、こういう選択をしていれば」と思うことが、めちゃくちゃたくさんありました。

ただ、当時はインターネットを使って、自分で情報を探せる時代でもない。

親や学校の先生の知識に頼る方法しかありませんでした。

でも、時代は変わりました。

日本でも、里山留学、家で勉強する「ホーム留学」があり、ネットで十分授業を受けることができます。

教育システムとしても「国際バカロレア」「インド式インターナショナルスクール」「シュタイナー教育」など、学校教育以外にも、子どもに合った教育がたくさんあります。

ただ、残念ながら、親世代が知らない。

人間には、知らないものを拒絶する習性があります。

だからこそ、お父さん、お母さんに知ってもらう機会をつくりたい。

例えば、教育の選択を拡げるシンポジウムのような、子どもたちの可能性を拡げる仕事をしていきたいと思っています。





増村さん自身も、現在子育て中。

そのため、自分の子どもを通して、親として勉強しながら、実業家としても、自身の経験をもとに語れる強みがあります。


現在の学校教育を否定しているわけではありません。

均一の教育システムだからこそできる、良い面もあります。

ただ、僕自身、小学生のときに知っていたら、と思うことがたくさんある。

だからこそ、僕のような学校教育にあぶれてしまったタイプの子どもにも、可能性を拡げてあげたいと思います。

そして、社会課題を解決したい。

例えば、今、再生ペットボトルの開発が進んでいますが、そのような形で、次世代に向けた新しい技術、開発を進める子どもたちを応援するための方法を模索しています。





前編では株式会社U.C.T.corporation成り立ちや事業内容についてお伺いしました。

後編では増村さんを深掘りしてお話を伺います。

後編を見る





Youtubeで見る

slack logo

滋賀arow世界

起業家があつまる
オンラインコミュニティ

繋がりをリアルから広げて創り出せ。

#起業家成長ストーリー

起業を目指す方、事業を計画している方が事業への思いやそこに至った経緯を発信するチャンネル。

#裏話インタビュー

取材時に掲載されていない事業に関する裏話をslackにて公開するチャンネル

#起業家、参考になりすぎてます。

起業による失敗談や事業にとって有益なコンテンツを配信