header logo

県内の発信者が集まる滋賀メディアイベント「地方メディアトーーク!」開催! 〜地方でのPRを学ぶ一日〜


WEB、SNSの登場で情報を伝える方法、手段は大きく変化し、今では身近なものになっています。

ですが、どうすればより届けたい相手に伝えられるかを学ぶ機会はなかなかありません。

今回滋賀県内で情報発信をされている媒体側を知ることで情報の伝え方を学ぶイベントを開催します。

これからメディアを立ち上げたい、事業のPR戦略について取り組まれている方に必見です!

地方メディアトーーク! について

【タイトル】
地方メディアトーーク! 〜地方でのPRを学ぶ一日〜

【日程】
2022年6月11日 (土)

【開催時間】
13:00 ~ 16:00

【開催場所】
守山市図書館 多目的室

【当日スケジュール】

13:00 イベント開始、各事業説明

13:30 取り上げたくなるネタってどんなの? を聞いてみた!

14:30 10分休憩

14:40 メディア運営側から知る!今、求められている情報とは

15:30 質疑応答

16:00イベント終了

【セミナー料金】
オフライン参加:500円

地方メディアトーーク!の内容について

こんな方におすすめ!

・自社の事業、サービスを発信して広めていきたいと思っているけど、どうやって発信すれば良いのがベストなのか分からない。

・メディアに取り上げてもらうときの方法や、プレスリリースにはどんな内容を書けばより取り上げてもらいやすいのかを知りたい。

・自身でローカルメディアを運営しているが、中々事業にならず色々悩んでいる、、、。

・横の繋がりや、行政との繋がりが少なく広がっていかない。

イベントの内容

①登壇者の現在行っている事業、発信方法をプレゼン

イベントに登壇していただいている方々それぞれに現在行っている事業のプレゼンをしていただき、
今どの媒体でどんな事業をされているかを知っていただきます。

②取り上げたくなるネタってどんなの?を聞いてみた!

地方で活動されている各メディアごとに取り上げたくなるネタについてお話しいただきます。
例えば新聞、ローカルメディア、ラジオでは届ける媒体が違うので必然的に取り上げる情報、内容が変わってきます。
そして同じお店の情報であってもメディアごとに取り上げる内容、情報が違ってきます。
自身で発信していく際、どのメディアに取り上げてもらいやすいか、より届けたい相手に伝わりやすくなります。

③メディア運営側から知る!今、求められている情報とは

取り上げやすい情報を知ったあとに気になるのは、その中でも各メディアごとに伸びている情報とは何か。
今までの経験から反響があった情報や、思っていたよりも伸びなかった、ここは失敗したなどなど、
登壇者の方々が経験してきたことを話し尽くします!

この2部を聞いておくと、地域でサービスやメディアを立ち上げる際にどの媒体に届くようにアピールしていけば良いのか、発信の方法、流れが分かります!

地方メディアトーーク! 登壇者について


・フリー情報誌
チェキポン編集長 藤井彩加さん

チェキポンWEBサイト


・ラジオ
e-radio MC MORIYAさん

e-radio紹介ページ


・新聞
京都新聞 三皷慎太郎さん

京都新聞 WEBサイト


・YouTube
ハジメチャンネル 平井元さん

You Tube・ハジメチャンネル


WEBメディア
長浜経済新聞 植田淳平さん

長浜経済新聞 WEBサイト


・WEBメディア
LOMORE 編集長 南澤裕章さん

LOMORE WEBサイト


司会・進行
中野龍馬
WEBメディア「日刊滋賀県」、「滋賀グルメ」を運営。

日刊滋賀県 WEBサイト

地方メディアトーーク!の応募について

お申し込みはこちら。

リアル会場申し込みはこちら

地方メディアトーーク!の詳細

【開催場所】



守山市立図書館 多目的室
〒524-0022 滋賀県守山市守山5丁目3−17
TEL:077-583-1639
駐車場あり・駐輪場あり

正面入り口から入って左手に会場があります。

多目的室の場所についてはこちら。

イベント主催
LOMORE
upstream

【お問い合わせ先】
今プラス 元布団屋の倉庫店
中野龍馬
滋賀県守山市梅田町85-7
TEL:077-532-0024

slack logo

滋賀arow世界

起業家があつまる
オンラインコミュニティ

繋がりをリアルから広げて創り出せ。

#起業家成長ストーリー

起業を目指す方、事業を計画している方が事業への思いやそこに至った経緯を発信するチャンネル。

#裏話インタビュー

取材時に掲載されていない事業に関する裏話をslackにて公開するチャンネル

#起業家、参考になりすぎてます。

起業による失敗談や事業にとって有益なコンテンツを配信